父親になりました。それを理由にこの子がずっと使えるような実印を探しています。

父親になりました。
それを理由に、この子がずっと使えるような実印を探しています。一生使うものなので、丈夫な素材で品質の高いもの。しかし、以外と印鑑は高いですよね。

 

でも何十年も使うのだから、ちょっといいものを選んであげたい。そしてその実印ができれば、初めての口座を開設しできる範囲で貯金して、成人を迎えるときに渡してやりたいのです。

 

そうすると、象牙がいいのでしょうか実印の場合、苗字と名前が入るので大きいですね。
良いものは、ほんとに値段がしますね。印鑑屋を覗いて銀行印ってどれだか分からなくなり、必要な時には考えられる印鑑を持って行き窓口で確認するという、ぐだぐだな感じの方法を行っていましたが、公文書に押印する機会があり、せっかくなのでフルネームできちんとした印鑑を作ってもらうように決めました。

実印にはいろんな素材を使用して作られているものが存在するのですが、最も高級品といわれているのが象牙という印材を使ったものです。

押した感じ、割れたり欠けたりしない、持った感じの良さ象牙の他にはないとも言われているそうです。
人気が出てきているチタン製のものは、スタイリッシュで、熱にも強いと言われています。

 

象牙とチタンは同じぐらいの価格相場です。

ずっと使っていた印鑑のふちがかけてしまったので、作りなおして新しくしました。かけた印鑑を使っているとお金が逃げていくと言われていると聞いたのです。新しい印鑑は苗字ではなく下の名前を入れました。

私の名前の漢字がいいなあと思っているからです。
銀行印など、変更するのに面倒なこともありましたが、いい機会なので必要ない口座などを解約して、気になっていたことをすっきりさせることができました。
使わずにしまっていたクレジットカードも解約したので、印鑑を購入することになって日頃できていなかったことができました。
学生の頃に、ちゃんとした実印を作ったことのある人はめったにいないと思います。作るタイミングは人によって違いますし、難しく考えず家にあった判子をその時だけ実印として登録しておいたという方もわりといてるのではないかと思います。

実印の値段と言っても様々で、彫り方が違ったり、印鑑の材料でかなり違います。手彫りの場合は、安く見て1万円くらいから、10万円以上のものもあるんです。銀行印とセットすると数万円ぐらいが標準的な値段だと言えます。
成人した私に母が、下の名前で彫った印鑑をそっと手渡してくれました。象牙でできたもので、値段も高かったのではないかと思います。
銀行印として使用していますが、天国にいった母のことを懐かしく思います。

 

子どもが生まれてからは、名前には親の思いが込められた最初のプレゼントだと感じるようになり、ますますその印鑑をいとおしく考えるようになりました。愛娘が大人になる頃、母がしてくれたように私も印鑑をプレゼントするつもりです。

実印の存在は何らかの証明であったり、契約を交わすために必需品です。そういったことから、丈夫で長く使える実印を購入したいというのは、たくさんの方が思っているでしょう。長く使用できる印鑑の素材の中のひとつはチタンです。

 

チタン金属ですが安定しており、その安定性は金にもあたいするぐらいで、素材が木製の物と比べて圧倒的に安定感があります。はんこと言えば実印と三文判がありますが、家にはなぜだか三文判がこんなにあったのかというぐらいにありました。自分で購入したのは夫婦二人分だったのですが、それ以降いつの間にか増えていったのです。

 

ある時は学校の記念品で頂いたり、またある時は友人からもらったりして気が付かないうちに増えていきました。しかしこんなにたくさんあっても使い道がないのですが、そうかといって印鑑をゴミにするというのは気が引けます。
使用しない印鑑の処分というのは、どうしていよいのかと考える私でした。
チタン製実印はいくらなのか調べてみました。

白檀という印材と比べると、おおよそ倍になることがわかったチタンというものは希少金属で、レアメタルとして取り扱われているので、木の材料より高い値段になっているようです。

印鑑の安定性か値段をとるか、どちらを取るかは好みですね。目をむくような値段の印鑑も困るし、丈夫さもあって、自分が必要だと思うものを選ぶと良いでしょう。普段の生活で印鑑を新しく作るという機会もないものですが、就職や結婚、出産などで新たに購入する方も多いと思います。今までの経験上、近所の街の印鑑屋さんは中に入りにくく値段がわかりずらいので、ネットで人気があるところに注文しました。急いで欲しかったので2~3日で受け取れそれはそれで助かったのですが、やはり苗字にするか名前で掘るか、どのタイプの印鑑にするかなどなど注文内容を決めるのに時間がかかり事前に必要になることを想定し、考えておけば焦らなかったと思いました。

 

少しの時間だけでもいいので事前に探しておくと慌てずしっかりと考えて決めれるので良いと思います。

夫婦印鑑セットについて